北に核放棄を迫れ ~党対策本部、緊急会合を開催

20170904_1.jpg

9月4日(月)、私が本部長を務める公明党北朝鮮問題対策本部は、国会内で会合を開き、北朝鮮の6回目の核実験について、政府から説明を受け、今後の対応などで意見を交わしました。

冒頭、私は核実験を強行した北朝鮮に対し、「断じて認められない。核放棄、非核化をさらに強く迫らねばならない」と訴え、政府・与党で結束し取り組むべきだと力説しました。

政府側は、4日深夜(日本時間)に行われる国連安全保障理事会の緊急会合で、累次の安保理決議に基づく北朝鮮への制裁措置の履行と、さらなる制裁強化を求める方針を説明しました。

一方、与野党は4日、国会内で国会対策委員長会談を開き、5日(火)に衆院外務委員会で閉会中審査を行い、非難決議を採択することを決めました。参院も5日に外交防衛委員会で閉会中審査を行い、非難決議を採択する見通しです。



関連記事

  1. 「暴挙、断じて許されず」 ~党対策本部が初会合

  2. 政治の安定こそ国益 ~党徳島県本部の賀詞交歓会であいさつ

  3. 「雇用安定へ支援訴え」連合から要望

  4. 宮城沖地震対策で防災相に要請

  5. JA全中から予算・税制の要望受ける

  6. 高齢化進む地域でも大きな役割/JFAの懇親会に出席