党岩手県本部主催の政経懇話会に出席











 2月28日、坂口力厚生労働大臣等と共に、盛岡市内で開かれた党岩手県本部主催の政経懇話会に出席しました。


 冒頭挨拶に立った私は、庶民の目線に立ち地域に根ざした活動を展開している公明党の取り組みを紹介すると共に、この7月行なわれる参議院選挙について「岩手の重点支援候補として風間ひさしを擁立し、全力を尽くしたい」と訴えました。
坂口厚生労働大臣はその講演の中で、地方都市などを中心に小児科や産婦人科医が不足している実態について言及。「現在、全国一律となっている医師配置の基準を弾力的に運用し、医師確保への体制づくりを進めたい」と語りました。
 会の前後で、地元首長・各種団体の代表とも懇談。岩手県・各自治体の課題やそれぞれの福祉団体・業界団体の直面する問題について、意見交換を行いました。(2月28日)



関連記事

  1. 鶴岡市で地域懇談会と「まちづくりセミナー」

  2. 与党税制改正大綱が決定

  3. 超党派の「脳卒中対策推進議員連盟」が発足

  4. 「首相、解散時期で具体案」3党幹事長会談

  5. 新しい東北観光と仙台空港民営化シンポジウムに参加

  6. 口腔ケアの普及を厚労省に要望