補正予算の編成必要 ~自民・二階幹事長と会談

8月23日(水)午前、私は都内で自民党の二階俊博幹事長と会談し、地方の景気を底上げするため2017年度補正予算案を編成する必要性を強調しました。

席上、私は今年4~6月期の国内総生産(GDP)が実質で前期比1.0%増となったものの、「地方の景気に対応しなければならない点もあり、補正予算の編成を考えるべきだ」と指摘。二階幹事長は、「その必要性は感じる」と応じました。

会談では、臨時国会の召集日について、安倍晋三首相の外交日程も踏まえ、9月下旬を想定し、政府と調整していく方針を確認しました。8月27日(日)投票の茨城県知事選については、自公推薦の大井川かずひこ候補の必勝を期すことを確認しました。

会談には、自民・森山裕、公明・大口善徳の両党国会対策委員長が同席しました。



関連記事

  1. 復興庁からヒアリング

  2. 「財政支援の継続必要」宮城県知事から要望

  3. 公約実現へ論戦で成果 ~特別国会閉幕、両院議員総会を開催

  4. 政府・与党連絡会議

  5. 仙台卸売市場「初せり式」に参加

  6. 各種団体・グループからの要請