高速道路網 早期整備を ~関西高速道路ネットワーク推進協議会から要望

20170821_1.jpg

8月21日(月)、私は衆院第2議員会館で、関西圏の官民8団体でつくる「関西高速道路ネットワーク推進協議会」(松本正義代表=関西経済連合会会長)から高速道路網の整備に関する要望を受けました。

松本代表らは、日本経済のさらなる発展には、物流や観光の発展に役立つ必要なインフラ(社会基盤)整備を進め、地域の持つ潜在力を発揮させることが必要だと指摘。その上で、関西は「三大都市圏の中では環状道路の整備が遅れている」とし、大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)と淀川左岸線延伸部の両路線の早期建設などを訴えました。

私は、「要望実現に努力する」と応じました。



関連記事

  1. 日本商工会議所から要望

  2. 「日中関係強化へ」鄭必堅氏と懇談

  3. 施策総動員し経済再生 ~宅建業界の交歓会に出席

  4. 超党派の「脳卒中対策推進議員連盟」が発足

  5. 復興・防災、力強く前に ~宮城、仙台・岩沼で訴え

  6. 「新幹線・長崎ルート促進を」整備促進に関する要望