沖縄振興へ支援さらに ~翁長知事から来年度予算編成で要望

20170816_1.jpg

8月16日(水)、私は衆院第2議員会館で沖縄県の翁長雄志知事に会い、沖縄振興に向けた施策について要望を受けました。石田祝稔政務調査会長、遠山清彦衆院議員が同席しました。

席上、翁長知事は沖縄振興に向けた公明党の取り組みに対し、「沖縄経済が発展し、日本とアジアの懸け橋を担えるようになってきた」と謝意を述べました。

その上で、来年度予算編成では、那覇空港滑走路の増設と沖縄科学技術大学院大学の充実に関する予算を除く沖縄振興予算を3000億円台にするよう要望。また、鉄軌道の早期導入や那覇空港の着陸料の軽減などを求めました。

私は「沖縄振興への思いは同じ。しっかり取り組んでいきたい」と述べました。



関連記事

  1. 税制の抜本的改革の議論、大詰め ―与党税制協議会―

  2. 共通課題で連携強く ~日中与党交流協議会が開幕

  3. 岩手県で写真展「『人間の復興』へ」がスタート

  4. 党長野県本部主催の賀詞交歓会に出席

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. 「原油高騰問題」首相へ万全の救済策要請