党青森県本部主催の政経セミナーに出席











 3月7日、弘前市及び青森市で開催された党青森県本部主催の政経セミナーに出席しました。これには、神崎武法公明党代表、風間ひさし参院議員(参院選予定候補=比例区)も出席。7月の参議院選挙へ向けた幅広い支援を訴えるセミナーとなりました。


 席上私は、「景気回復の兆しが見えた日本経済を更に本格軌道に乗せるためにも、安定した政権・公明党の政策実現力が期待されている」として「今夏の参院選では、比例区で1千万の票をいただき、議席を7議席以上に伸ばしたい」との決意を述べると共に、東北の重点支援候補(予定)である風間ひさし氏の人と政策を紹介しました。
 神崎代表は、イラク情勢などの国際問題の現況と公明党の取り組みを報告。国内問題では、生活与党の立場から年金制度改革関連法案など重要法案の成立に全力を挙げたいと強調しました。また、地元の課題として青森県や六ヶ所村が誘致を目指している「国際熱核融合実験炉(ITER)」について、党としても積極的に誘致実現に尽力していく考えを述べました。


 同セミナーの前には、地元首長・各種団体の代表と地域課題について意見交換。またセミナーの懇談会では、参加された地域の方々から、地方が抱える諸問題について意見や陳情を聞きました。(3月7日)



関連記事

  1. 阿武隈急行全線開通30周年記念式典に出席

  2. 「住宅再建、除染を加速」 参院選第一声

  3. 宮城・石巻市議会議員選挙が告示

  4. 仙台周辺の各種行事に参加

  5. 党秋田県本部「夏季議員研修会」に出席

  6. 「東北の復元力が未来への希望」 ~公明新聞てい談