経済の好循環で結果 ~政府・与党連絡会議を開催

20170808_1.jpg

8月8日(火)昼、政府と自民、公明の与党両党は首相官邸で3日の内閣改造後初の連絡会議を開き、私もこれに参加。「経済最優先」で結束して課題解決に取り組むことを確認しました。

席上、安倍晋三首相は、今回の内閣改造の意義について、「政権を奪還した時の原点に立ち返り、一つ一つの政策課題に結果を出すことで信頼回復への努力を重ねていく。そのための体制を整えた」と説明しました。

公明党の山口那津男代表は今後の政権運営について、「一つ一つの課題に対し丁寧に、時にはスピード感をもって対応し、国民のために仕事をしていく以外に信頼回復の道はない。政府も国民の声に耳を傾ける真摯な政治姿勢、丁寧な答弁を心掛けてもらいたい」と要望。具体的な政策課題では、「経済の好循環を前に進めるための人材投資や成長戦略、安心できる社会保障制度の構築に結束して取り組み、結果を出さなくてはならない」と力説しました。

各地で激しい風雨をもたらしている台風5号への対応では、土砂災害や河川の氾濫などへの厳重な警戒態勢を整えるよう要請。8日の閣議で九州北部豪雨など6~7月の豪雨災害が一括して激甚災害に指定されたことを踏まえ、引き続き被災地へのきめ細かな対応の必要性を訴えました。

核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し国連安全保障理事会が採択した新たな制裁決議については、「一層の効果を高める重要な決議だ」と述べ、政府に対し決議が着実に履行されるよう国際社会と連携を深めてもらいたいと要望。安倍首相は、北朝鮮問題などを踏まえ、17日に米国で外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)が開かれることを明らかにし、「日米同盟の抑止力、対処力を強化するため具体的な協議を進めていく」との考えを示しました。



関連記事

  1. 公明党主催巡回写真展「『人間の復興』へ」がスタート 同日開催の公開フォ…

  2. 大雨被害で政府に要請

  3. 「政府が減反廃止案」党農水部会

  4. 仙台で開催の東京都本部議員総会に出席

  5. 「被災農地の取得円滑に」仙台市長から要請

  6. 「“命の道路”整備加速を」安全・安心の道づくりを求める全国大会に出席