激甚災害指定早期に ~政府に秋田豪雨で緊急要望

20170801_1.jpg

8月1日(火)、私は東北方面本部長として首相官邸で菅義偉官房長官と会い、秋田県を中心とした豪雨災害に関する緊急要望を行いました。党東北方面本部の若松謙維幹事長(参院議員)、真山祐一青年局長(衆院議員)、党復興・防災部会のメンバーが参加しました。

私は、記録的な大雨による河川の氾濫や土砂崩れなどが発生した被災地で、被害状況や現場のニーズを調査してきたことを報告。「政府としても速やかに災害の全容を把握し、早く激甚災害に指定してもらいたい」と強調しました。

また、農地の冠水に伴う農作物の収量減や用水路への土砂流入など、「農業への被害が甚大だ」と指摘。農地をはじめ農業関連施設の再建・修繕などに、十分な支援を求めました。

このほか、緊急要望では、被災者の住宅確保などの生活再建支援も要請。さらに、道路や鉄道、河川などインフラの早期復旧とともに、大量のがれきや流木など災害廃棄物の迅速な処理のための支援などを要望しました。

菅官房長官は、「復旧・復興支援に全力を尽くす」と述べました。



関連記事

  1. 国産材使用拡大に全力 ―山形鶴岡市・林業再生セミナー―

  2. 岩手県本部主催の時局講演会に出席

  3. 公明党結党40周年記念街頭演説会に参加

  4. 「分権改革日本」全国大会に出席

  5. 党秋田県本部夏季議員研修会に出席

  6. 日本民営鉄道協会の会合に出席