医療、心のケア対策必要 ~九州北部豪雨被害・党部会が政府に要請

20170712_2.jpg

7月12日(水)、公明党の復興・防災部会(部会長=赤羽一嘉衆院議員)は12日、衆院第2議員会館で、九州北部を襲った記録的な豪雨で甚大な被害が出た福岡、大分両県の状況などについて内閣府などから説明を聞きました。私もこれに参加しました。

政府側は、国道の通行止め区間が道路の障害物除去が進み、徐々に縮小している状況などを説明しました。

意見交換で、現場調査をした九州方面本部所属の国会議員は、行方不明者捜索を第一とした上で「避難所には多くの高齢者が身を寄せている。医療面や心のケアなどの支援を」と要請。また、川底に土砂がたまり、今後の雨で二次被害の懸念もあるとして早急な対応を求めました。

このほか、福岡県朝倉市内の避難所への冷房設備の早期設置や、復旧に向けた災害査定の迅速化、行楽シーズンを前にした観光の風評対策などを求めました。



関連記事

  1. 「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

  2. 仙台空港が民営化、記念レセプションに参加

  3. 地元仙台で新年事務所開き

  4. 自公幹事長で訪中前に首相と会談

  5. 福島・宮城・岩手3県の新春街頭演説会に参加

  6. 後期高齢者医療制度について意見交換―医療制度委員会―