政府と連携し対処 ~北朝鮮が弾道ミサイル

20170704_1.jpg

7月4日(火)午後、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、公明党は衆院第2議員会館で私が本部長を務める北朝鮮問題対策本部を開き、政府の対応などを聞きました。

冒頭、私は、今回のミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられることから、「わが国に対する安全保障上の重大な脅威だ。航空機や船舶の安全航行にも問題が大きい」と指摘。国連安全保障理事会の決議にも明確に違反していると北朝鮮を非難し、政府と緊密に連携しながら対処していくと強調しました。



関連記事

  1. 日本土地家屋調査士会連合会の新春交礼会に出席

  2. 記者会見で「尖閣ビデオ流出」「TPP交渉」等について言及

  3. 定数削減、制度改革 早期協議で合意 与野党幹事長会談

  4. 臨時国会が開幕=党両院議員総会を開催し出陣=

  5. 政府、「退位」論点を説明

  6. 公明党山形県本部夏季研修会