マンションの民泊対応で管理業協会と意見交換

20170616_1.jpg

6月16日(金)、公明党のマンション問題議員懇話会と国土交通部会は、衆院第2議員会館で合同会議を開き、私も同懇話会会長として出席しました。民泊対応のマンション標準管理規約の改正案などについて、国交省から説明を受けるとともに、マンション管理業協会と意見交換しました。

席上、マンション管理業協会の大島宏志専務理事は、いわゆる民泊新法の成立を踏まえ民泊の実施や禁止を決める管理規約改正の必要性とともに、「(改正点を)管理組合へ周知することが重要」と主張。私は「(居住者が)安心して住み続けられるよう取り組む」と述べました。



関連記事

  1. マンションの適正な管理へ活躍期待 ~管理業協の新年賀詞交歓会に出席

  2. 党福島県本部夏季議員研修会に参加

  3. 高橋北海道知事らから災害時多目的船に関する要望

  4. 「自治体の除雪費」万全な財政支援を

  5. 仙台市で「成人の日」街頭演説

  6. 「損害賠償を迅速に」日本商工会議所から要望