東京改革 力強く前へ ~加藤都議の都政報告会に出席

20170610_2.jpg

6月10日(土)午後、私は東京都墨田区で行われた加藤まさゆき都議の都政報告会に出席し、「政治は結果責任だ。突破力のある加藤都議を都政の中心軸として送り出してほしい」と訴えました。

私は、東日本大震災の被災地支援に関する東京都の協力を振り返り、「大量の震災がれきの受け入れに、東北6県以外で最初に手を挙げたのが東京都だった」と紹介。原発事故の風評に苦しむ福島県を旅行する都民に1泊3000円の補助を出す「被災地応援ツアー」も継続していることに感謝を述べ、「力のある東京都をリードしているのが都議会公明党であり、その役割はこれからも変わらない」と力説しました。

加藤都議は、広告収入を活用した屋根・ベンチ付きバス停の拡充など、「徹してやり抜く」をモットーに2期8年で数々の実績を残してきたことを報告。「実績では誰にも負けない。都政改革の先頭に立つ」と決意を述べました。



関連記事

  1. 岩手、宮城の沿岸自治体から要望

  2. 漁業、林業の政策提言を発表

  3. 衆院区割り 答申を尊重し議論 ~「違憲状態」解消を

  4. 「出前政調」スタート ~東北方面出前政調に出席

  5. 「汚染水」解決へ政府前面に 与党協議会

  6. 与党、国会招致を検討 ~自民・公明幹事長会談