福島復興 人員足りない ~県知事が支援求める

20170608_1.jpg

6月8日(木)、私(公明党東日本大震災復興加速化本部・本部長)は、衆院第2議員会館で内堀雅雄福島県知事と会い、福島の復興・創生に向けた要望を受けました。真山祐一衆院議員が同席しました。

席上、内堀知事は、復興事業を進める上で、特に避難指示が解除された被災自治体で技術職などの人員が不足していることに触れ、人員確保支援の強化を要請。震災対応の派遣職員受け入れや職員採用に必要な経費の財政措置のほか、福島イノベーション・コースト構想の具体化推進なども求めました。

私は「国が前面に立ち、要望にしっかり取り組んでいく」と述べました。

また、内堀知事は高木陽介経済産業副大臣、長沢広明復興副大臣、矢倉克夫農林水産大臣政務官(いずれも公明党)らにも同様の要望を行いました。



関連記事

  1. 福島復興やり遂げる ~福島県本部大会であいさつ

  2. 生活再建、きめ細かく対応 ~熊本地震、住宅確保など政府に要請

  3. 住宅確保の見通しを ~熊本地震対策本部の会合を開催

  4. 都議選開幕、北区の告示第一声に参加

  5. 「世田谷ナンバー実現を」太田国交相に要望

  6. オリンピック聖火が日本に ~聖火到着式、「復興の火」記念式典に参加