福島復興 人員足りない ~県知事が支援求める

20170608_1.jpg

6月8日(木)、私(公明党東日本大震災復興加速化本部・本部長)は、衆院第2議員会館で内堀雅雄福島県知事と会い、福島の復興・創生に向けた要望を受けました。真山祐一衆院議員が同席しました。

席上、内堀知事は、復興事業を進める上で、特に避難指示が解除された被災自治体で技術職などの人員が不足していることに触れ、人員確保支援の強化を要請。震災対応の派遣職員受け入れや職員採用に必要な経費の財政措置のほか、福島イノベーション・コースト構想の具体化推進なども求めました。

私は「国が前面に立ち、要望にしっかり取り組んでいく」と述べました。

また、内堀知事は高木陽介経済産業副大臣、長沢広明復興副大臣、矢倉克夫農林水産大臣政務官(いずれも公明党)らにも同様の要望を行いました。



関連記事

  1. 「防災」を政治の主流に ~福島夏季議員研修会であいさつ

  2. 首相に過疎集落支援を要請―党地域活性化本部―

  3. 米金融危機に迅速対応を―与党プロジェクトチームを発足、初会合―

  4. 復興債25年償還を提案 3党幹事長会談

  5. 全国社会保険労務士会連合会懇親会に出席

  6. 与党税制協議会が初会合