公明の底力示す都議選 ~東京荒川区の党時局講演会に出席

20170514_1.jpg

5月14日(日)夜、私は東京都荒川区で行われた、けいの信一都本部青年局次長の時局講演会に出席し、「都議選の結果は次の政治の流れを決めるといわれる。公明党の底力を示さなければいけない」として、定数2の激戦に挑むけいの氏の勝利へ、絶大な支援を呼び掛けました。

私は、全国の公明党議員が行っている「市民相談」が、年間100万件にも上っていることを紹介。その上で「市民相談は『大衆とともに』の立党精神を具体化する取り組みとして、都議会公明党が『区民相談』として始めたもので、大きな運動になっている。都議会公明党は公明党の原点だ」と強調しました。

また、児童手当や妊婦健診の公費助成制度などに触れ、「公明党の“看板”ともいえる実績が生まれたのも東京都だ。東京から全国各地に広がり、国の制度となった。都議会公明党は党のネットワークの要だ」と力説しました。

一方、けいの氏については、「実行力は誰にも負けない。衆院議員の秘書として、政策にも国政にも通じている。次の都議会公明党を担う人材だ」と期待を寄せました。

けいの氏は、町工場を営む両親の下で育った経歴を紹介し、「庶民の目線を忘れず、子育てしやすく、長生きできる荒川区建設のために働く」と決意を述べました。

会合では、西川太一郎区長があいさつし、けいの氏の勝利へエールを送りました。



関連記事

  1. 地元仙台で新年事務所開き

  2. 党勢拡大 徹して地域へ ~全国県代表協議会を開催

  3. 省エネ住宅の普及を後押し ~住団連の会合に出席

  4. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  5. 公明勝利で政治を安定 ~宮城・仙台市の時局講演会に参加

  6. 区割り法案衆院委で可決 『0増5減「違憲」解消が急務』