都政、前に進める公明 ~党北多摩第3総支部のフォーラムに出席

20170507_1.jpg

6月23日(金)告示、7月2日(日)投票の東京都議選に向け、5月7日(日)、私は調布市内で開かれた同市と狛江市で構成する党北多摩第3総支部のフォーラムに、中島よしお都議と共に出席し、「公明党のネットワークの要を担ってきたのが、都議会公明党だ」と強調しました。

私は、児童手当や妊婦健診の公費助成、子ども医療費の無料化など都議会公明党が実現させた実績が、公明党のネットワークを通じ、国の政策に反映された点に触れ、「都議会公明党は、党の政策の大きなリード役を果たしてきた」と力説。その上で「中島都議は都議会公明党に欠かせない存在」と訴え、都議選の勝利へ絶大な支援を訴えました。

中島都議は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、ホームドアやエレベーターの設置などを進め、「世界で最も進んだバリアフリー都市・東京を築く」と決意を表明しました。



関連記事

  1. 岩手・石鳥谷町で「地域懇談会」「国政報告会」「農政懇談会」を開催

  2. 成長促す政策を総動員 ~秋田の党時局講演会に参加

  3. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判

  4. 日中改善の流れ強く ~武大偉特別代表表敬

  5. 整備新幹線関係18都道府県期成同盟会から要望

  6. 署名簿を添え「児童手当拡充」を厚労省に求める