東京の勝利 全国に波動 ~岩手県本部の議員総会に出席

20170415_1.jpg

4月15日(土)、私は東京都新宿区の党本部で開かれた党岩手県本部(小野寺好代表=県議)の議員総会であいさつし、「東京都議選で23人の予定候補者全員を当選させるため、結束して戦い抜こう」と呼び掛けました。

この中で、私は、都議選の情勢について、都政への関心が高まる中、投票率が上昇し、当選ラインが大幅にアップすることが予想されるなど、公明党予定候補23人を取り巻く厳しい状況に言及。その上で、「公明党は主戦場である首都東京の勝利を起点にして、全国に波動を起こしてきた。われわれの戦いで断じて勝ち抜かなければならない」と力説し、都議選の勝利に向け、議員一人一人の総力を挙げた戦いの重要性を訴えました。

会合では、藤原恵子・紫波町議、岩渕優・一関市議、森操・大船渡市議が活動報告しました。



関連記事

  1. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望

  2. 宮城県仙台市・岩沼市の支部会に出席

  3. 「孤立集落の対策急げ」 万全な対策を要望

  4. 盛岡市から都市整備・道路整備の要請

  5. 「社労士の活動拡大へ」社労士団体から要望

  6. 伊藤かずひろ宮城県議の連合後援会決起大会に出席