宮城・栗原市議選がスタート

20170416_1.jpg

4月16日(日)朝、栗原市議選(定数26)が告示を迎え、23日(日)の投票日へ向けて少数激戦の幕が開けました。公明党からは、現職の三浦よしひろ候補(54)が立候補し、大激戦を繰り広げています。私も告示第一声と街頭演説に参加し支持拡大を訴えました。

街頭演説の中で、東日本大震災の発災から丸6年になる事に触れ、復興に向けての活動に奮闘してきた候補の取り組みを紹介。「国と県政・市政をネットワークでつなぎ、復興を前に進めていく、その力がある政党は公明党しかない」と呼び掛けました。「三浦よしひろ候補をこの地域の中心として頑張っていただきたい。その為にも皆様のあと一押しを頂き是非とも勝たせていただきたい」と訴えました。

関連記事

  1. 「ウィメンズクラブ・希望・未来21」懇談会に参加

  2. 北ミサイル 断じて容認せず ~公明党栃木県本部の懇話会で訴え

  3. 記者会見で喫緊課題について見解

  4. 「公明は合意形成の要役」北海道で講演

  5. 「公明党は国民生活守る」党京都府本部主催の党員大会に出席

  6. 各種団体新年会に出席