東松島市・大曲で国政報告会を開催、同地の実態調査

20170326_1.jpg

3月26日(日)午後、私は東松島市・大曲で国政報告会を開催しました。また、併せて地元の方々からの要望を受けるとともに、現場の視察を行いました。

国政報告の中で私は、「東日本大震災の発災から丸6年。市・県・国が一つになり、東松島市の復興を推進してきた」としたうえで、「公明党のネットワークの力で、引き続き力強く復興を推進していく」と講演しました。
また、東松島市の市議会議員として長年活躍された佐藤筐子氏が勇退するにあたって、改めて感謝申し上げるとともに、次期東松島市議会議員選挙の予定候補者の土井みつまさ氏を紹介。土井氏への期待に会場は沸きました。


20170326_2.jpg

国政報告会終了後、私は地元関係者から歩道拡幅改良の要望を受けた国道45号線と、同じく拡幅改良の要望を受けたJR仙石線の五味倉踏切を視察しました。これには、佐藤市議と土井予定候補者も同行しました。



関連記事

  1. 宮城県「平成29年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会…

  2. 安倍首相が公明を表敬

  3. 党税制調査会の会合に出席

  4. 農業者の声生かすべき ~党代議士会で

  5. 北朝鮮ミサイル日本通過 ~北朝鮮問題対策本部緊急会合を開催

  6. 党宮城県本部「団体要望聴取会」に出席