封じ込めに万全を期す ~宮城の鳥インフルエンザ

20170325_2.jpg

宮城県栗原市の養鶏場で死んだニワトリから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、同県は24日(金)から飼育されている全22万羽の殺処分を行っています。この事態を重く見て、私は25日(土)午後、宮城県庁を訪れ、村井嘉浩県知事と拡大防止策を巡って意見を交換しました。庄子賢一、横山昇の両県議が同席しました。

席上、村井知事は、殺処分は70%、埋却は62%まで進んでいることを説明。その上で「作業は大きな混乱もなく続けられており、26日の夕方くらいには全てを終える」との見通しを示しました。

私は「封じ込めには万全を尽くしながら、風評被害が広がらないよう、(宮城産品の)安全性を繰り返しアピールしていく」と強調。また、処分作業に当たった職員の心のケアの支援にも取り組みたい、と述べました。



関連記事

  1. 大衆投資家党に配慮必要 ―税調拡大幹事会―

  2. 与党交流さらに推進 ~王寧中国福建省副書記と会談

  3. 岩手県で写真展「『人間の復興』へ」がスタート

  4. 農業政策で意見交換(ジェームス・R・シンプソン氏)

  5. 衆望に応える現場力 ~党宮城県夏季研修会であいさつ

  6. 「全面的に政府の対応支援」与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部