退位特例法今国会成立期す ~政府・与党協議会に出席

20170321_1.jpg

3月21日(火)昼、政府と自民、公明の与党両党は、国会内で協議会を開き、私もこれに出席。天皇陛下の退位に関する特例法案について、17日に衆参両院の正副議長が国会としての見解を安倍晋三首相に提言したことを踏まえ、今国会での成立に万全を期す方針を確認しました。

席上、菅義偉官房長官は「衆参両院の正副議長に敬意を表したい。直ちに法案を作成し、今国会に提出したい」と表明。私は「今国会での成立を期したい。国民も期待している」と述べ、政府に法案作成への努力を促すとともに、その過程でも政府・与党で連携して取り組む考えを示しました。

政府が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊部隊を5月に撤収する方針を決めたことについて私は、「異存はない。自衛隊員が安全に帰国できることが大事であり、留意してもらいたい」と要請。これに対し菅官房長官は「安全にはしっかり気を付けたい」と応じ、南スーダン大統領も撤収に協力する姿勢を示していると報告しました。

一方、大阪府の国有地取引を巡り、大阪市の学校法人「森友学園」の理事長退任を表明した籠池泰典氏に対する証人喚問を、23日に衆参両院の予算委員会で実施することには、政府・与党で連携し、同氏の発言について真偽の解明に努めることを確認。国有地の取引について菅官房長官は、「政府としてもしっかり説明していきたい」と述べました。



関連記事

  1. 「宅地被害 支援拡充せよ」平野復興相に要望

  2. 「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の会合

  3. 公明党税調拡大幹事会

  4. 仙台市で「成人の日」街頭演説会に参加

  5. 宮城・気仙沼市の党支部会に出席

  6. 「生活者の視点でIT社会の構築を」政策提言を発表