皇位継承の安定性など議論 ~「退位」で各党全体会議

20170302_1.jpg

3月2日(木)、衆参両院の正副議長は、衆院議長公邸で天皇陛下の退位に関して8党2会派の代表者による全体会議を開き、皇位継承の安定化や天皇退位に対する考え方などについて議論しました。公明党から私と、北側一雄副代表、西田実仁参院幹事長が出席しました。

北側氏は、今の天皇陛下の退位について、天皇、皇室制度の安定的な維持のためには「天皇の終身在位制の基本は維持されるべき」と述べる一方、高齢化社会の進展を踏まえ、(1)退位による権威の二分化(2)退位の強制(3)恣意的な退位――の弊害が生じる恐れがない場合は「国民合意の上で許容される」と主張しました。

その上で、昨年8月の天皇陛下の「お言葉」を受け、多くの国民は「退位をやむを得ない」と受け止めていることから、「退位は認められるべきだ」との見解を示しました。

会議後、大島理森衆院議長は記者会見で、今の天皇の退位実現をめざすことで「各党派ともおおよそ同じ気持ちを持っているのではないかと受け止めた」と語りました。

各党派の全体会議は、3日も開催され、退位に必要な立法形式などで意見交換します。



関連記事

  1. 「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

  2. 岩手県奥州市の市議選がスタート

  3. 高速道路無料化期間延長を太田国交相へ要望

  4. 青森「女性フォーラム」に参加

  5. 高齢社会で司法書士の役割大きい

  6. 北陸新幹線の早期全線開通を ~国会内で要望受ける