復興対策に力を注ぐ ~政府・与党連絡協議会に出席

20170117_1.jpg

1月17日(火)昼、政府と自民、公明の与党両党は、国会内で協議会を開き、20日から始まる通常国会の対応について、2016年度第3次補正予算案と17年度予算案の早期成立へ連携を強化することを確認。席上、私は「国会運営に緊張感を持って臨んでいきたい」と述べました。

また私は、17日で阪神・淡路大震災から丸22年を迎えたことを踏まえ、「防災・減災に力を入れていきたい」と改めて決意を表明。さらに、発災から今年3月11日で丸6年が経過する東日本大震災については、いまだ仮設住宅で暮らしている人が約5万人いる実情に触れ、「政府・与党でしっかり対応して国民が希望を持てるような国会にしたい」と強調しました。

一方、国会審議と外交日程の調整に関しては、20日のトランプ氏の米大統領就任などを踏まえ、「国際情勢が流動的であり、日本にとって外交が非常に重要だ。首相、外相の外交日程は国益を守るため、これまで以上の配慮が必要だ」と指摘しました。

菅義偉官房長官はトランプ次期米大統領が正式に就任した後、日米首脳会談が早期にできるよう、最終調整していると述べました。



関連記事

  1. 誰もが”楽”に利用できる駅に――

  2. 福島県 いわき市で街頭演説会

  3. 宮城県JA代表者集会に出席

  4. 党活気ある温かな地域づくり推進本部の会合に出席

  5. 日本バス協会の新年賀詞交歓会に出席

  6. 首脳間交流の促進を確認