住宅投資は内需の柱 ~全住協新年会に出席

20170110_2.jpg

1月10日(火)午後、私と太田昭宏全国議員団会議議長は、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)主催の新年賀会に出席し、石井啓一国土交通相(公明党)と共に神山会長と懇談しました。

その中で、私は「住宅は国民生活を支える基盤であり、住宅投資は内需の柱」と強調。日本経済の本格的な再生に向け、「住宅投資へのさらなる支援とともに、安全で安心な住生活の実現に努める」と述べました。

また、増加する空き家の対策強化、無電柱化を推進していく考えを語りました。



関連記事

  1. 下北の道路整備を北側国交相に要望

  2. 党宮城県本部の時局講演会に出席

  3. 宮城県「平成27年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会…

  4. 公明が未来の安心育む ~衆院選公示、東北で第一声

  5. 「並行在来線 経営安定を」石井富山県知事から要請

  6. 「論点を中間取りまとめ」農協改革で党合同会議