住宅投資は内需の柱 ~全住協新年会に出席

20170110_2.jpg

1月10日(火)午後、私と太田昭宏全国議員団会議議長は、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)主催の新年賀会に出席し、石井啓一国土交通相(公明党)と共に神山会長と懇談しました。

その中で、私は「住宅は国民生活を支える基盤であり、住宅投資は内需の柱」と強調。日本経済の本格的な再生に向け、「住宅投資へのさらなる支援とともに、安全で安心な住生活の実現に努める」と述べました。

また、増加する空き家の対策強化、無電柱化を推進していく考えを語りました。



関連記事

  1. 各方面政策懇談会で新ビジョンを検討

  2. 「老朽化マンション再生へ」政府に対策提言・党合同会議

  3. 日本商工会議所と政策懇談

  4. 安心のマンション生活へ ~適正な管理、長寿命化で提言

  5. 「予算関連で地方に配慮」市長会、町村会から要望

  6. 党代議士会に出席