住宅投資は内需の柱 ~全住協新年会に出席

20170110_2.jpg

1月10日(火)午後、私と太田昭宏全国議員団会議議長は、都内で開かれた全国住宅産業協会(全住協、神山和郎会長)主催の新年賀会に出席し、石井啓一国土交通相(公明党)と共に神山会長と懇談しました。

その中で、私は「住宅は国民生活を支える基盤であり、住宅投資は内需の柱」と強調。日本経済の本格的な再生に向け、「住宅投資へのさらなる支援とともに、安全で安心な住生活の実現に努める」と述べました。

また、増加する空き家の対策強化、無電柱化を推進していく考えを語りました。



関連記事

  1. 「大地震への復興支援さらに」ネパール人協会が要請

  2. 公明党衆参両院議員総会に出席

  3. 党農林水産部会で「コメの価格下落問題」について協議

  4. 自公連立が政治を安定 ~党富山県本部の「躍進の集い」に出席

  5. 軽減税率 食品全般に ~自公幹事長大枠で合意

  6. 「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望