塩釜魚市場 初売りの儀に出席

20170104_2.jpg

1月4日(水)朝、私は塩釜市魚市場でが執り行われた「初売りの儀」に出席し、あいさつしました。新年の初水揚げもあり、メバチマグロやビンチョウマグロなど計44トンが競りにかけられました。

初売りの儀には約200人が出席し、水産関係者らが今年の豊漁と海上安全を祈願しました。

段階的に整備が進む魚市場は今年秋、グランドオープンを控えており、あいさつで市魚市場卸売協議会の志賀直哉会長は「塩釜のシンボルとして機能させたい」と強調しました。



関連記事

  1. 「本格復興の「補正」早く」 与野党幹事長会談

  2. 政府・与党連絡会議

  3. 「仮払いは国の責任で」福島県知事から緊急要望

  4. 桜島火山活動対策議会協議会からの要望

  5. 新たな経済対策 策定へ ~自公党首が確認

  6. 党福島県本部主催「新春政経セミナー」に出席