不信任案に理由なし ~国会会期末、両院議員総会を開催

20161214_1.jpg

14日の会期末を迎えた臨時国会は、同日夜に民進、共産、自由、社民の野党4党が内閣不信任決議案などを相次いで提出し、カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進するための法案の採決などを妨害しました。14日深夜の衆院本会議では、会期中に法案処理が終わらない事態が想定されることから、17日まで3日間の会期再延長が議決されました。その後、内閣不信任案が否決されました。この影響で、IR法案の採決などを行うための衆院本会議の開会は、15日未明にずれ込みました。参院では14日、民進党が伊達忠一参院議長の不信任案などを提出。議長不信任案は、参院本会議で与党などの反対多数で否決されました。公明党は14日、国会内で衆参両院議員総会などを開き、私は野党の理不尽な国会対応などについて大要次のような見解を述べました。

一、今国会における、さまざま懸案については、議論を尽くしてもらった。IR法案は参院で修正して議決され、衆院に回付された。これは処理しなくてはならない。

一、内閣不信任案が野党から提出される。理由ははっきりしないが、少なくとも安倍内閣は、内政、外交にわたって着実に成果を上げ、国民からも高い支持を得ている。IR法案は、議員立法であり、直接的に内閣に責任はない。ましてや国会の運び方が理由というのであれば、国会の責任であり、(内閣の)不信任には全く当たらない。内閣不信任案は、毅然と否決してまいりたい。



関連記事

  1. 平成28年熊本地震対策本部の緊急会合を開催

  2. 日本住宅建設業協会と懇談

  3. 日本商工会議所と政策懇談

  4. 幹事長・書記局長会談

  5. 「被災農地の取得円滑に」仙台市長から要請

  6. 全国浄化槽団体連合会の懇親会に出席