公明党鳥インフルエンザ対策本部に出席

20161130_1.jpg

11月30日(水)、新潟県と青森県で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたことを重視し、公明党鳥インフルエンザ対策本部(石田祝稔本部長=政務調査会長)は衆院第2議員会館で会合を開き、私もこれに出席。農林水産省と環境省に感染拡大防止に万全を期すよう求めました。

冒頭、石田本部長は「被害が全国的に広がらないよう、しっかりと対策を打っていく必要がある。養鶏業などへの風評被害対策も含め、地元や消費者の懸念には、きめ細かな対応を徹底してほしい」と強調しました。

農水省は、感染拡大防止に向けて発生農場や主要道路の消毒を強化するなどの対策を実施したことを報告。その上で、周辺10キロ圏内への感染拡大は確認されていないとしつつ、「どこで(感染が)起きてもおかしくない状況」と、警戒を強化する考えを示した。また、検出されたウイルスが、韓国で感染拡大している鳥インフルエンザと同じであることから、渡り鳥による感染ルートの可能性を指摘しました。

環境省は、現地周辺の野鳥監視を強化するとともに、全都道府県と迅速な情報共有に取り組む考えを述べました。

私は、感染ルートの解明や全国への注意喚起など、防疫対策を強化する必要性を訴えました。



関連記事

  1. 名古屋市でのミッドランド毎日フォーラムで講演

  2. 党地域活性化本部が調査結果を発表

  3. 山口那津男代表のあいさつ(全文) ― 第8回公明党全国大会(2010年…

  4. 宮城・名取市議選がスタート

  5. 新幹線整備促進について要望

  6. 岩手県で写真展「『人間の復興』へ」がスタート