TPP承認案 衆院通過

20161111_1_1.jpg

11月10日(木)夕、私は国会内で記者団に対し、環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案が衆院を通過したことを受け、大要次のような見解を述べました。

一、TPPは日本が本格的な人口減少社会に入り、世界の成長をどう取り入れるかという大きな課題に応えるもので、今後の経済成長にとって極めて重要だ。今国会中の成立を期したい。TPPは米国にとっても重要な協定だ。日本の批准で12カ国全体の批准、発効をリードする意義は大きい。

一、(民進党が反対討論をした後、採決前に退席したことについて)極めて分かりにくい対応だ。反対の態度を明確にしたくなかったのかもしれないが、反対討論までしているのだから、(採決で)賛否を明らかにすることは国民に対する責任だ。その意味で極めて残念である。



関連記事

  1. 党富山県本部「新春のつどい」に出席

  2. 築館バイパス一部開通

  3. 会津若松市・福島県本部主催の新春政経セミナーに出席

  4. 熊本の日常 取り戻す ~蒲島知事らが公明に申し入れ

  5. 仙台卸売市場の「初せり式」に参加

  6. 「財政・経済一体改革会議」実務者協議会の初会合に出席