整備新幹線の早期開通を要望 ~期成同盟会から要望受ける

20161108_2.jpg

11月8日(火)、私と漆原良夫中央幹事会会長は、18都道府県でつくる「整備新幹線関係18都道府県期成同盟会」から、全国の整備新幹線に関する要望を衆院第2議員会館で受けました。

席上、富山県の石井隆一知事らは、工事実施計画が認可されている北海道(新函館北斗―札幌間)、北陸(金沢―敦賀間)、九州(武雄温泉―長崎間)の3区間について早期開通の必要性を力説し、さらなる支援などを求めました。

これに対し、私は「整備計画を着実に進める」と述べました。



関連記事

  1. 期待に応え、政策を実現 ~過去最高に躍進の参院選

  2. 党宮城県本部「少子対策シンポジウム」に参加

  3. 野党幹事長会談「予算委開催要求で一致」

  4. 岩手県盛岡市「列島縦断フォーラム」に参加

  5. 被災地復興で連合から要請

  6. 党函館総支部の時局講演会に出席