三陸縦貫自動車道・登米志津川道路起工式に出席










 5月21日(土)、三陸縦貫自動車道・登米志津川道路の起工式に出席し、「一日も早い供用開始と三陸縦貫道全線の開通に向け努力する」旨、挨拶しました。


 三陸縦貫道は仙台市を起点として岩手県宮古市に至る延長約220㎞の自動車専用道路で、宮城県内においては、現在までに仙台港北IC~河北IC間が供用されています。
 今回着工する登米志津川道路は宮城県登米郡中田町の登米IC(仮称)を起点として宮城県本吉郡志津川町の志津川IC(仮称)に至る延長16,3kmの自動車専用道路です。
 三陸縦貫道は三陸沿岸地域の地域間交流の促進と地域の活性化を図る上で重要な役割を果たすことが期待されており、均衡ある国土発展のためには基礎的社会基盤の整備は不可欠だと考えています。今後とも着実に推進していきたいと考えています。(5月22日)



関連記事

  1. 断続的に連立政権協議を行う

  2. 社会保険労務士団体から要請

  3. 庄内、三陸の高速道整備促進の集いに参加

  4. 全国中小企業団体中央会、JA全中と要望懇談

  5. 会津若松市議選がスタート

  6. 「被災農家の再建支援を」宮城・農業4団体から要望