農家の所得拡大へ支援 ~JA全中と政策懇談

20161018_1.jpg

10月18日(火)、公明党は衆院第2議員会館で政策要望懇談会を開き、私もこれに出席。来年度の予算編成や税制改正に向けて全国農業協同組合中央会(JA全中、奥野長衛会長)と意見交換しました。これには、北側一雄副代表、石田祝稔政務調査会長らも出席しました。

冒頭、奥野会長は環太平洋連携協定(TPP)の承認案・関連法案が今国会で審議入りしたことに触れ、「現場に漂う不安が溶けていくよう、丁寧な議論をお願いしたい」とあいさつ。JA全中は、農家の所得拡大につながる産地の体質強化対策に万全の支援を求める一方、都市農業振興に向けて固定資産税の減免などの税制措置を訴えました。

私は「現場からの声をしっかり受け止め、取り組んでいく」と答えました。



関連記事

  1. 「社会保障の全体像明示を」3党幹事長会談

  2. 各種団体と予算・税制について意見交換

  3. 岩手県釜石市を視察、宮古市で時局講演会

  4. 「定数削減、成案を早く」3党幹事長・実務者会談

  5. 18都道府県から整備新幹線の要望受ける

  6. 国交相に三陸縦貫道の整備促進を申入れ