衆院補選東京10区 わかさ候補必勝を

20161011_1.jpg

10月11日(火)、衆院東京10区、福岡6区補欠選挙(23日投票)が告示されました。東京10区では、東京都豊島区で行われた自民党公認のわかさ勝候補(公明党推薦)の第一声に私も駆け付け、必勝を呼び掛けました。

この中で私は、今回の補選の意義について、「自公連立政権の信任が問われている選挙だ。断じて負けるわけにはいかない」と強調。少子高齢化や人口減少社会を見据え、経済再生や社会保障の充実を進めなくてはならないと指摘し、「こういう時だからこそ、政治の安定が必要だ。断じて勝利し、政治の安定の下でこれらの課題を乗り越えていく」と力説しました。

わかさ候補は「公正でクリーンな社会を築くために、断じて勝つ」と決意を述べました。

高木陽介党都本部代表(衆院議員)も応援に駆け付けました。

関連記事

  1. 「原発事故の教訓を共有」チェルノブイリ関係者と懇談

  2. 復興・防災、力強く前に ~宮城、仙台・岩沼で訴え

  3. 全国浄化槽大会、弁政連の会合に出席

  4. 宮城県で各種団体と意見交換

  5. 全国都道府県議会議長会から要望

  6. 「米価下落対策」等についてJA全中から要望