地方創生へ実行力必要 ~新潟県知事選、街頭演説会に参加

20161010_1.jpg

10月10日(月)、私は激戦の新潟県知事選挙(16日投票)に挑む無所属新人・森たみお候補(公明、自民など推薦)の応援に駆け付け、長岡市内で街頭演説を行いました。

私は、長岡市長に加え、全国や県の市長会会長を務めた森候補の経歴に触れ、「国に働き掛けながら、地方創生の流れをつくってきたのが森候補だ」と力説しました。

その上で、森候補が東日本大震災の被災地支援などでも、国や他の自治体との連携をリードしてきたことに言及。本格的な人口減少、少子高齢社会に突入する中で安心して住み続けられる新潟県の構築へ、「必要なのは協力と連携、そして実行力だ。その手腕を発揮し、県民の期待に応えてもらいたい」と述べ、森候補への支援を呼び掛けました。

森候補は、「新潟再生げんき宣言」として掲げた、若者、健康、安全、経済、拠点化の5分野67項目にわたる政策の実現へ決意を語り、「何としても勝たせてください」と訴えました。

関連記事

  1. ロシア・ドボルコヴィッチ大統領補佐官と懇談

  2. 自公新執行部が懇談

  3. 公明党宮城県本部の新春賀詞交歓会に出席

  4. 「創造的復興」に総力 ~宮城の議員夏季研修会に参加

  5. JR北海道労組から要請

  6. 自公連立が政治を安定 ~党富山県本部の「躍進の集い」に出席