党宮城県本部大会に出席

20161001_1.jpg

10月1日(土)、私は仙台市で開かれた党宮城県本部大会に出席し、あいさつしました。来賓として、山田宮城県副知事や奥山恵美子仙台市長が出席しました。

冒頭私は、台風10号で大きな被害を受けた岩手県釜石市を訪れ、被災状況を調査したことを報告。東日本大震災からの復興が進む中で高潮や河川氾濫による被害を受けたことを踏まえて、「立ち直りかけた中で被害に遭った。(被災者が)早く前向きに取り組めるよう復旧を急がなければならない」と訴えました。
また、宮城県本部からいち早く、庄子賢一代表をはじめとする議員団が岩泉町と久慈市を訪れ、代表自らも土砂撤去などの支援活動に汗を流したことを紹介しました。

また、先の参院選勝利について、党員、支持者に感謝の言葉を述べるとともに「公明党にしかないネットワークを活用して、皆さまとの約束を実現していく」と力説。

さらに、臨時国会で年金受給資格の取得に必要な加入期間を25年から10年に短縮する法案が提出されていることに触れ、「実現すれば、およそ64万人が新たに年金を受けられる。来秋から支給できるよう、成立へ全力を挙げる」と強調しました。

これに先立ち、庄子賢一代表があいさつをしました。



関連記事

  1. 岩手県で地域懇談会・訪問対話活動

  2. 米消費拡大・純米酒議員連盟の副会長に

  3. 公明党京都第3総支部党員大会に出席

  4. 「県、国連携し対策を急ぐ」 仙台で冠水地域など調査

  5. 熊本地震の復興前へ ~熊本地震の現状視察

  6. 「列島縦断フォーラム」in 栃木に出席