倒壊家屋の解体支援を ~熊本・益城町議会が公明に要望

20160930_1.jpg

9月30日(金)、私と山口那津男代表は、東京都新宿区の党本部で、熊本県益城町の稲田忠則町議会議長、西村博則町長、吉村建文町議(公明党)らと会い、熊本地震で大きな被害を受けた同町の復旧・復興を加速するための要望を受けました。

これには、公明党の江田康幸(熊本県本部顧問)、濱地雅一の両衆院議員と、秋野公造、高瀬弘美の両参院議員が同席しました。


稲田議長らは、「地震で倒壊した家屋などの解体が進まず、復興の妨げになっている」と述べ、支援を要望。また、町内の小中学校に配食する給食センターが再開できずにいる現状を伝え、「児童・生徒に温かい給食を食べさせたい」と訴えました。

山口代表は、今年度第2次補正予算案には、被災地の要望を踏まえて活用できる「復興基金」の創設も盛り込まれているとし、「力を合わせて復興に立ち向かいたい」と語りました。



関連記事

  1. 仙台中央卸売市場、業務開始式に参加

  2. 「食料自給率50%に」農業政策を提言

  3. 「国産材の活用を推進」党林業振興議員懇話会に出席

  4. 「グレーゾーン事態を議論」安全保障法制整備に関する協議会に出席

  5. 誰もが”楽”に利用できる駅に――

  6. 宮城県議会議員選挙がスタート