倒壊家屋の解体支援を ~熊本・益城町議会が公明に要望

20160930_1.jpg

9月30日(金)、私と山口那津男代表は、東京都新宿区の党本部で、熊本県益城町の稲田忠則町議会議長、西村博則町長、吉村建文町議(公明党)らと会い、熊本地震で大きな被害を受けた同町の復旧・復興を加速するための要望を受けました。

これには、公明党の江田康幸(熊本県本部顧問)、濱地雅一の両衆院議員と、秋野公造、高瀬弘美の両参院議員が同席しました。


稲田議長らは、「地震で倒壊した家屋などの解体が進まず、復興の妨げになっている」と述べ、支援を要望。また、町内の小中学校に配食する給食センターが再開できずにいる現状を伝え、「児童・生徒に温かい給食を食べさせたい」と訴えました。

山口代表は、今年度第2次補正予算案には、被災地の要望を踏まえて活用できる「復興基金」の創設も盛り込まれているとし、「力を合わせて復興に立ち向かいたい」と語りました。



関連記事

  1. 地元仙台で新年事務所開き

  2. 地域発展に不可欠―整備新幹線について要請受ける―

  3. 残業の過少申告許さず ~政府・与党連絡会議に出席

  4. 復興、福島再生を後押し「グループ」「企業立地」の両補助金が増額

  5. 「全面的に政府の対応支援」与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部

  6. 首相が公明を表敬 ~補正予算案の衆院通過で