臨時国会開幕 両院議員総会に出席

20160926_1.jpg

9月26日(月)、第192臨時国会が召集されました。会期は11月30日までの66日間。これを前に、公明党は26日午前、国会内で衆参両院議員総会を開き、山口那津男代表と私は、参院選後初の本格的な論戦が行われる今国会について、政府・与党が決定した経済対策を実行するための2016年度第2次補正予算案の早期成立に加え、環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案の承認・成立が最重要課題だと指摘。参院選で訴えた社会保障の充実や東日本大震災と熊本地震の復興加速、相次いだ台風災害の復旧・復興などに尽力し、「国民との約束を実現する第一歩にしよう」と訴えました。

席上私は、参院選で公明党が「希望が、ゆきわたる国へ」をスローガンに掲げて躍進したことに触れ、「国民との約束を実現するための国会にしなければいけない」と強調。具体的には、年金受給資格の取得期間25年から10年への短縮や、保育の受け皿拡大、保育・介護の人材確保や処遇改善、中小企業支援などを進めると述べました。

また、先の台風・豪雨で甚大な被害を受けた岩手県岩泉町の伊達勝身町長から、県道の復旧に向けた公明党の取り組みに謝意が示されたことを紹介。「引き続き被災者に寄り添いながら、一つ一つのニーズにしっかり応えていく。党のネットワークを存分に生かし、政府・与党一体となって復旧に努めたい」と強調しました。

東日本大震災や熊本地震への対応では、「被災者は、震災の風化を一番懸念している。国会の論戦を通じ絶対に風化させないというメッセージを発していくことが大事だ」と力説しました。



関連記事

  1. 日中の五輪成功へ協力 ~蔡奇・北京市党委員会書記と会談

  2. 宮城・気仙沼市議会議員選挙がスタート

  3. 秋田県内で街頭演説会

  4. 鳩山首相が公明党を表敬訪問

  5. 山形県での「農政シンポジウム」に出席

  6. 「福島・相馬・米沢地域経済開発懇談会」に出席