公明こそ政治安定の要 ~党富山県本部の時局講演会に参加

20160922_1.jpg

9月22日(木)、私は富山市内で開かれた党富山県本部(吉田勉代表=県議)の時局講演会に出席し、あいさつしました。これには浜田昌良参院議員が出席。来賓として石井隆一県知事があいさつしました。

私は、参院選勝利への感謝を述べながら、この結果は国民が政治の安定を公明党に期待している証しだとした上で、「いよいよ日本政治のど真ん中で、連立政権の舵取り役を担う公明党が、真価を問われる時が到来した」と表明。

公明党が掲げる「希望がゆきわたる国」を実現するために、「経済再生と社会保障の充実が喫緊の課題だ」と強調し、「成長と分配の好循環を地方、中小企業、家計に波及させていきたい」と力説しました。

また富山市議会で政務活動費の不正が相次いで明らかになっていることについて「皆さんの税によって賄われている政務活動費を不正に取得するとは言語道断だ」と述べ、問題の真相究明を急ぐよう訴えました。



関連記事

  1. 山形県鶴岡市「新市建設フォーラム」に出席

  2. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出

  3. 与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームで討議

  4. 連合から予算・政策について要請受ける

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. 「2007年度予算概算要求」最重点項目を安倍官房長官に申し入れ