人命救助に総力挙げよ ~台風被害、合同会議を開催

20160831_1.jpg

8月31日(水)、私が本部長を務める「平成28年8月台風災害対策本部」と復興・防災部会(部会長=赤羽一嘉衆院議員)は、参院議員会館で合同会議を開き、関係省庁から台風10号による大雨被害の状況と対応などを聞き、万全な対策を求めました。大口善徳国会対策委員長らが出席しました。

私は、北海道と東北を中心に各地で甚大な被害が出ていることから、「適切な対応をするためにも、まず早急に被害状況を把握することが重要だ」と強調。道路の寸断や浸水によって被災者が孤立している可能性もあるため、「人命救助に総力を挙げてもらいたい」と関係省庁に要請しました。

内閣府は台風10号による住民や建物などの被害状況をはじめ北海道と岩手県内の10市町村で1572戸が断水していることなどを報告。また、8月に相次ぎ上陸した台風7号、11号、9号による被害状況についても説明しました。国土交通省は冠水などで通行止めとなっている状況を報告しました。

出席議員からは、岩手県岩泉町の高齢者グループホームや同県沿岸地域の浸水被害に関して、省庁側に説明などを求めました。



関連記事

  1. 釜石市住民代表から三陸道に関する要望

  2. 日本税理士会、中小企業中央会などと要請懇談

  3. 全国社会保険労務士政治連盟より要望受ける

  4. 公明、復興加速に全力 ~仙台市、福島市で街頭演説

  5. 青森市議会からの豪雪被害支援

  6. 当面する諸課題について協議 ―政府・与党連絡会議―