衆望に応える議員力を ~党秋田県議員研修会に出席

20160809_1.jpg

8月9日(火)、私は秋田市内で開かれた党秋田県本部(田口聡代表=県議)の夏季議員研修会に出席し、あいさつしました。これには矢倉克夫参院議員が参加しました。

私は、参院選勝利への感謝を述べながら「政治の安定に果たす公明党の役割は増している」と強調。「寄せられた衆望に応えるためにも、政策力、発信力、拡大力、現場力―の議員力を磨き上げていこう」と訴えました。

その上で、自身の地域での取り組みを交えながら議員の日常活動の大切さを力説。地元行事への積極的な参加や個人人脈を大切にした「小グループ」づくりを挙げ、「信頼関係は会った回数で決まる」と話し、議員が地域住民とのつながりを深めていくことを確認しました。

また「公明新聞は、全国へ情勢や情報を伝達する際の縦糸・横糸として、参院選勝利に圧倒的な力を発揮した」と述べ、さらなる機関紙拡大を呼び掛けました。

矢倉氏は「人口減少を打開する先進的取り組みを秋田から起こそう」と訴えました。

研修会では、武田正子・秋田市議、小畑新一・大館市議、秩父博樹・大仙市議が活動報告しました。



関連記事

  1. 「がん検診率の向上を」仙台で署名活動に参加

  2. 「フィリピン災害救援を」街頭募金活動

  3. 「暴挙、断じて許されず」 ~党対策本部が初会合

  4. 仙台湾海岸堤防の完成式に出席

  5. JA全中 奥野新会長と懇談

  6. 地元仙台で新年事務所開き