政策実現の誓い新たに ~両院議員団会議に出席

20160720_1.jpg

7月21日(木)午前、公明党は東京都新宿区の党本部で、先の参院選で当選を果たした14氏が出席して両院議員団会議を開催、私もこれに出席しました。今後のさらなる党勢拡大への決意を固め合いました。

冒頭、山口那津男代表は今回の参院選で、公明党として選挙区に過去最多の7人を擁立し、全国からの押し上げで完全勝利したことについて「党の歴史において新たな金字塔だ」と強調しました。

一方、比例区でも6議席以上の目標を上回る7議席を獲得したことに触れ、「(選挙区と)合わせて14議席は公明党の歴史の中で過去最多に並ぶ」と力説。参院の定数が削減されていることを踏まえれば、「実質的に過去最高の結果だ」として、全国の公明党議員の奮闘と、党員、支持者の真心からの支援に謝意を述べました。

続いて山口代表は、激戦を勝ち抜いた選挙区の現職・西田実仁(埼玉)、竹谷とし子(東京)、石川博崇(大阪)、新人の三浦信祐(神奈川)、里見隆治(愛知)、伊藤孝江(兵庫)、高瀬弘美(福岡)の7氏と、比例区の現職・横山信一、長沢広明、浜田昌良、谷合正明、秋野公造、新人の熊野正士、宮崎勝の7氏を紹介。出席者からは大きな拍手と声援が送られ、全員が結束して政策実現に取り組み、国民の期待に応えていくことを確認しました。

14氏が当選した参院選を受けて、参院公明党の非改選議員を含めた新勢力は25人。参院の総定数(242)の1割を超えた。衆参両院の公明党議員団は60人の陣容となりました。



関連記事

  1. 原発賠償、きめ細かく ~福島県原子力損害対策協議会から要望

  2. 宮城・憲法記念日街頭演説会

  3. 神奈川県内で街頭演説会

  4. 花渕山バイパス開通式典に出席

  5. 「汚染水」解決へ政府前面に 与党協議会

  6. 公明党衆参両院議員総会に出席