成長促す政策を総動員 ~秋田の党時局講演会に参加

20160606_1.jpg

6月6日(月)夜、私は秋田市内で開かれた時局講演会に、よこやま信一参院議員と共に出席し、あいさつしました。

席上、私は消費税率10%への引き上げを2年半再延期したことに触れ、「世界経済が減速し、先進7カ国首脳会議(伊勢志摩サミット)で各国が危機回避のため、あらゆる政策をとっていくことを共有した。日本もあらゆる政策手段を総動員し、危機を阻止しなければならない」と指摘。

また、日本が本格的な人口減少社会に突入し、「経済再生と社会保障の充実が喫緊の課題だ」と強調した上で、「自公政権により経済は着実に成果を上げてきたが、いまだ道半ばだ。地方、中小企業、家計に好循環の恩恵が及ぶようにしなければならない」と力説しました。

さらに、水産関連の実績も多彩な、よこやま氏について、「国会議員でただ一人の水産学博士。海洋国日本の復活のために必要な人材だ」と述べ、絶大な支援を呼び掛けました。

よこやま氏は「外国人観光客のさらなる誘致と地方活性化へ全力で闘う」と決意を述べました。



関連記事

  1. 公明党宮城県本部主催「米農業等農政懇談会」に出席

  2. 「創造的復興」に総力 ~宮城の議員夏季研修会に参加

  3. 統一地方選前半戦に「完勝」

  4. 経済好循環の流れ加速 ~経団連と意見交換

  5. 比例北海道の勝利訴え

  6. 党農林水産部会で「コメの価格下落問題」について協議