日本建設職人社会振興連盟の集会に出席

20160531_1.jpg

5月30日(月)、私は都内で開かれた日本建設職人社会振興連盟(國松孝次会長)の集会であいさつし、自公両党でまとめた建設工事従事者の安全・健康確保推進法案(建設職人基本法案)の早期成立へ全力を挙げる決意を述べました。これには太田昭宏全国議員団会議議長、漆原良夫中央幹事会会長、西田まこと参院幹事長らも出席しました。

席上、私は「若い職人が希望と誇りを持ち、安全な職場環境で仕事ができるよう取り組む」と力説。太田議長は「日本の底力は職人の力だ。給料がいい、休暇がある、希望がある。いい意味での“3K”を実現したい」と語りました。



関連記事

  1. 北陸、九州新幹線の早期開業を求める ~与党PTが会合

  2. 「復興施策の予算確保を」佐藤福島県知事から要望

  3. 「成人の日」祝い街頭活動

  4. 冬柴国交相を交え仙台市で各界意見交換会

  5. 倒壊家屋の解体支援を ~熊本・益城町議会が公明に要望

  6. 名古屋市での「国政報告会」に出席