新幹線整備促進について要望


 11月29日(火)、九州新幹線鹿児島ルート(博多・鹿児島中央間)の整備促進について、麻生渡福岡県知事、安田宏正熊本県副知事らと懇談し、要望を受けました。


 麻生知事は、「従来の計画より2年前倒しし、2010年度に全線が開通する目標が掲げられている。予定通り完成するよう財源措置の強化をお願いしたい」と要請。また、新幹線の開業時に経営分離された並行在来線の第三セクターによる経営が成り立つよう、税制上の優遇措置など十分な支援策の確立を求めました。


また12月1日には、北陸新幹線の整備促進について、石井隆一富山県知事、谷本正憲石川県知事、西川一誠福井県知事らから要望を受けました。






関連記事

  1. 命を守る政治 進める ~党宮崎県本部がフォーラム

  2. 医療、心のケア対策必要 ~九州北部豪雨被害・党部会が政府に要請

  3. 全国社会保険労務士政治連盟より要望受ける

  4. 各団体から平成22年度の税制改正で要望受ける

  5. 「特例公債 歳出見直しが前提」3党幹事長会談

  6. 党代議士会に出席