新幹線整備促進について要望


 11月29日(火)、九州新幹線鹿児島ルート(博多・鹿児島中央間)の整備促進について、麻生渡福岡県知事、安田宏正熊本県副知事らと懇談し、要望を受けました。


 麻生知事は、「従来の計画より2年前倒しし、2010年度に全線が開通する目標が掲げられている。予定通り完成するよう財源措置の強化をお願いしたい」と要請。また、新幹線の開業時に経営分離された並行在来線の第三セクターによる経営が成り立つよう、税制上の優遇措置など十分な支援策の確立を求めました。


また12月1日には、北陸新幹線の整備促進について、石井隆一富山県知事、谷本正憲石川県知事、西川一誠福井県知事らから要望を受けました。






関連記事

  1. 新たな経済対策 策定へ ~自公党首が確認

  2. 公明党宮城県本部の新春賀詞交歓会に出席

  3. 誰もが”楽”に利用できる駅に――

  4. JR仙石線「苦竹駅」にエレベータ設置へ

  5. 「公明は合意形成の要役」北海道で講演

  6. 衆院北海道5区補選告示第一声に参加