住宅確保の見通しを ~熊本地震対策本部の会合を開催

20160511_1.jpg

5月11日(水)、私が本部長を務める公明党熊本地震対策本部は衆院第2議員会館で会合を開き、早期の復旧・復興に向けて具体的対応を政府に求めました。

席上、私は長期化する避難生活について、まず公営住宅の空き室や宿泊施設などの活用により「早く解消しなくてはならない」と強調。さらに、避難者の住宅確保に関して、「いつ頃までにどれくらい確保するのかが分かるようにしないといけない」とし、民間賃貸住宅を活用した「みなし仮設住宅」や応急仮設住宅の建設戸数などの全体像を早急に示すべきだと訴えました。

また、熊本地震の復旧・復興に充てる今年度補正予算案に関連して、「被災自治体には基本的に負担を求めないようにし、安心して、復旧・復興できることを念頭に置き、作業しなくてはならない。そうした仕組みも検討してほしい」と要請しました。



関連記事

  1. 「成人の日」記念街頭演説会

  2. 日本土地家屋調査士会連合会の祝賀会に出席

  3. 「子育て世帯を支援へ」経済対策が閣議決定

  4. 鶴岡市で地域懇談会と「まちづくりセミナー」

  5. 住宅投資は内需の柱 ~全住協新年会に出席

  6. 農業政策の新ビジョンを発表 -東北元気アッププロジェクト-