人権、生命を守り抜く ~憲法記念日街説に出席

20160502_1.jpg

5月2日(月)、公明党は3日の憲法記念日に先立ち、全国各地で街頭演説会を開きました。私は、仙台市内で開かれた党宮城県本部(庄子賢一代表=県議)の街頭演説会に出席しました。

冒頭、4月21日に熊本地震の被災地を視察したことを報告。いまだ多くの被災者が避難生活を余儀なくされていることから、「住まいの確保と生活の安定が緊要だ」と強調しました。東日本大震災から5年が経過したことにも触れ、「熊本、東北の被災者の一日も早い生活再建へ、『人間の復興』へ総力を挙げる」と力強く語りました。

また今年3月に平和安全法制関連法が施行されたことついて、「平和や国民の財産を守ることが政治の責任」とし、「抑止力を高め、戦争を未然に防ぐための法整備だ」と訴えました。



関連記事

  1. 公明党代表等、賈中国政協主席と会談―日中友好の加速化を確認―

  2. 都政、前に進める公明 ~党北多摩第3総支部のフォーラムに出席

  3. 「世田谷ナンバー実現を」太田国交相に要望

  4. 公明党中央幹事会

  5. 党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席

  6. 日本経済団体連合会と意見交換