生活再建、きめ細かく対応 ~熊本地震、住宅確保など政府に要請

20160426_1.jpg

4月26日(火)、私が本部長を務める、公明党「平成28年熊本地震対策本部」は、衆院第2議員会館で政府の震災対応について聞くとともに、被災者のニーズに即した対応を要請しました。私と江田康幸本部長代理(衆院議員)らが参加しました。

席上、私は被災地では緊急避難から次の段階へと状況が変化していることを指摘。「被災者のニーズの変化にきめ細かく対応し、政府に要望していく」と主張しました。また江田氏は、発災翌日の15日から被災地に入り被災者支援に取り組んできたことを踏まえ、「住宅の確保など生活再建を支えていくことが重要だ」と強調しました。

会合では、益城町で、下水処理施設の復旧が遅れているとの声を踏まえ、政府に早期改善を要望。国土交通省は「よく確認して、改善したい」と答えました。

また、罹災証明の認定作業が速やかに行われるよう自治体職員の派遣を拡充することや、被災者のニーズに対応しながら、旅館やホテルでの受け入れを促していくよう要望しました。



関連記事

  1. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  2. 仙台市で「成人の日」街頭演説会に参加

  3. 「震災特別委設置で合意」与野党幹事長会談

  4. 「三陸議員サミット」第1回釜石会議を開催

  5. 地方創生へ実行力必要 ~新潟県知事選、街頭演説会に参加

  6. 避難生活 全力で支える ~熊本地震、熊本市・益城町を視察