平成28年熊本地震対策本部の緊急会合を開催

20160415_1.jpg

4月15日(金)朝、衆院第2議員会館で14日夜に設置した「平成28年熊本地震対策本部」(本部長=井上義久幹事長)の緊急会合を開き、政府から被災状況を確認しました。

冒頭、山口那津男代表は「亡くなられた方々のご冥福を祈り、ご遺族に心からのお見舞いを申し上げたい」と述べるとともに、負傷者や避難者に対しては、「政府に設置された非常災害対策本部と連携し、今後の救援に当たっていきたい」と訴えました。

その上で、鉄道や道路などの交通インフラに被害が及び、余震が続く中で低気圧の影響により雨の予報もあることから、「迅速で、きめ細かな対応が必要だ。与党、政府が協力し合って、災害への対応に万全を期していきたい」と強調しました。

私は政府に対し、「行方不明者の情報をしっかりと把握し、救出が必要な被災者への対応を第一にしてほしい」と求め、二次災害への警戒を強める必要性にも言及しました。

また、毛布などで寒さをしのぎながら屋外の避難所で眠れぬ一夜を過ごした多くの避難者がいたことから、「屋内で避難ができるように対応しなければならない」と述べ、被災者の置かれた状況を踏まえ、手厚い支援が行き渡るよう訴えました。



関連記事

  1. 岩手・県政報告会に出席

  2. 新経済対策の周知必要 ―政府・与党連絡会議―

  3. 「女性リーダーの拡大を」末松副大臣から要請

  4. 「県、国連携し対策を急ぐ」 仙台で冠水地域など調査

  5. 中連部訪日団と会談

  6. 党岩手県本部主催の政経懇話会に出席