合意めざし各党努力を ~衆院選挙制度改革で会談

20160329_1.jpg

3月28日(月)、大島理森衆院議長と自民、公明、民進、共産、おおさか維新の与野党5党は、国会内で衆院選挙制度改革について協議し、各党が先に大島議長が文書で示した見解に対する意見を述べました。公明党からは、私と北側一雄副代表(政治改革本部長)が出席しました。

この中で私と北側両氏は、公明党が一貫して有識者調査会の答申を尊重する立場から議論してきたことを強調し、「今国会中に成案を得ることが最も大事だ。議長の指針を全面的に尊重したい」と表明。また「1票の格差」を是正するため、答申が都道府県への議席配分方法として提言した「アダムズ方式」については、「きちんと法案に明記すべきだ」と主張しました。

同方式の導入時期について自民党は、2020年の大規模国勢調査の結果から導入し、法案に明記する見解を表明。当面は15年の簡易国勢調査に基づいて都道府県内の選挙区間の調整を行い、格差を2倍以内に収める考えを示しました。これに対し民進党は、10年の大規模国勢調査の結果から導入すべきだとしました。

これを受け大島議長は、4月7日に全会派で議論して合意をめざす考えを示し、「各党が接点を見いだせるよう努力してもらいたい」と述べました。



関連記事

  1. 通常国会閉幕、両院議員総会を開催

  2. 経済3団体、連合の新年会に出席

  3. 省エネ住宅の普及を後押し ~住団連の会合に出席

  4. 衆議院本会議で代表質問

  5. 熊本地震の復興前へ ~熊本地震の現状視察

  6. JFAの新春賀詞交歓会に出席