仙台市で「風間ひさしを励ます県民の集い」

 6月21日(月)夜、公示を二日後に控えた風間氏を激励する集会を開催しました。これには仙台・東北の経済産業を担う方々に参集いただき、2500人を超える熱気溢れる励ます会となりました。


 席上私は、「年金改革」や「児童手当拡充」など通常国会の論戦を報告。「庶民の目線に立ち、地域の声に耳を傾けた地道な政策の実行こそ政治に期待されている。国民生活に関わる大事な課題を、選挙目当てのパフォーマンスや政権奪取のための戦術に利用する事は許されない」等と訴えました。
 風間ひさし氏は「一人一人の役に立つ政治・明るい展望が開ける日本を築くため、死に物狂いで戦っていく」との力強い決意を表明しました。(6月21日)



関連記事

  1. 人権、平和守る理念貫く ~憲法記念街頭演説会に参加

  2. 「2007年度予算概算要求」最重点項目を安倍官房長官に申し入れ

  3. 経済の好循環で結果 ~政府・与党連絡会議を開催

  4. 第3回湯沢雄勝農業者大会に出席

  5. 公明党農林水産部会が農水省から説明

  6. 山形庄内地域で「農業政策懇談会」を開催