仙台湾海岸堤防の完成式に出席

20160305_1.jpg

3月5日(土)午前、私は仙台市荒浜で行われた仙台湾南部海岸完成式に出席し、あいさつしました。石井啓一国土交通相(公明党)や、真山祐一衆院議員も参加しました。

東日本大震災の巨大津波で甚大な被害を受けた同海岸では、国交省が宮城県からの要請を受け、同県管理分も合わせて2012年度から延長29キロにわたる海岸堤防の本格的な復旧工事に着手。東日本大震災発災から5年を前に、9割以上の区間で工事が完了し、残る地域も16年度中に完成のめどが付き、この日の完成式となりました。

震災前の堤防は津波の越流を想定していない構造で、特に陸側ののり面が大きなダメージを受けました。このため、今回整備された堤防は高さ7.2メートルとし、陸側も含めて堤防全体をブロックで覆うことで、津波や高潮が越流しても全壊する危険性を低減できるようにした。また、地元自治体と連携し、堤防の盛り土の7割に震災がれきを活用しました。

石井国交相は、「安全で安心なまちづくりに大きく弾みがつくよう、引き続き復興の加速化に全力で取り組んでいきたい」と語りました。



関連記事

  1. 北上運河災害復旧工事竣工式に出席

  2. 党北海道本部夏季議員研修会に出席

  3. マンションの民泊対応で管理業協会と意見交換

  4. 日米地位協定の改善を ~政府へ提言を申し入れ

  5. 省エネ住宅で需要後押し ~住団連から要望聞く

  6. 仙台市で二重ローン問題について意見交換