実効性ある北独自制裁 ~党対策本部が政府に要請

20160212_2.jpg

2月12日(金)、私が本部長を務める公明党の北朝鮮問題対策本部は、衆院第2議員会館で会合を開き、核実験や事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮に対する日本独自の制裁措置について、政府からヒアリングしました。

私は席上、北朝鮮のミサイル発射などが日本の安全への直接的な脅威であり、「北東アジアや国際社会の平和に対する挑戦だ」と強調。公明党が「国連決議の早急な実現と併せ、わが国独自の制裁を検討するよう求めてきた」と指摘し、政府が10日に決定した制裁措置について「実質的な効果が出る形でしっかりやるべきだ」と訴えました。

会合では政府が制裁措置に関し、核・ミサイルに関連する在日外国人技術者の再入国禁止や、北朝鮮に寄港した第三国船舶の入港禁止、北朝鮮向け送金の原則禁止などの内容を説明。出席者からは早期の制裁措置実施や、実効性の確保に向けた国際社会への働き掛けを求める声が上がりました。



関連記事

  1. 衆議院本会議で代表質問

  2. 公明の底力示す都議選 ~東京荒川区の党時局講演会に出席

  3. 国会閉幕「いざ参院選 反転攻勢を」

  4. 現場発で政策実現 ~都道府県局長会であいさつ

  5. 「県、国連携し対策を急ぐ」 仙台で冠水地域など調査

  6. 「コメ政策に激変緩和」与党実務者が合意